スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外掛けフィルターAT-miniの改造!ろ過能力アップしたのか?

以前外部式フィルター化を検討してると記事にしました。

前の金魚ネタ記事はこちら
>>金魚すくいの金魚って弱いの?飼育はじめました。


いろいろネットで調べてみたんですが、外部フィルターなどで水量を確保した方が水質が安定するみたいです。
しかし、我が家の水槽は約9ℓしかないため外部フィルター導入までは・・・といった感じで、購入をためらっていました。
しかし、AT-miniのノーマル状態では物理ろ過はできても、生物ろ過まではあまり期待出来ません。
なので、今ある「AT-mini」を改造して何とかならないか?と言うことで、今回まとめてみました。





AT-mini改造の目的は?


改造の目的は、ろ過能力アップです。
物理ろ過に加えて生物ろ過もできるようにし、水質を安定させる。

つまり、バクテリアの棲む場所を確保して増やすことにより、毒性物質(アンモニア)を毒性の低いもの(亜硝酸塩、硝酸塩)に分解できるような環境を作るということです。

目に見える汚れは物理フィルターで対応出来ますが、目に見えない汚れって対応ってわからないので、すっごく難しいです。

今までは、あまり分かっていなかったので、汚れてきたら新品のフィルターに換えるという感じでした。
たまに、洗って再利用する場合、水道水で普通に洗っていました。
今考えると、アホなことしてたなと(反省)

生物ろ過には、バクテリアが定着するろ材が必要で、リング状とボール状の多孔質な物がありますが、表面積的に有利なリング状のやつが良さそうです。

ボール状ろ材の方がろ過能力は高いみたいですが、目詰まりが起きやすいそうです。
リング状は穴が空いてるから水流低下が起きにくいそうです。

なるほど!

うちの水槽は小さいので、上部式フィルターはちょうど良いサイズがありませんし、あまりゴツいのを上に置きたくもありません。
なので、外部式フィルターか外掛け式となっています。

ろ過装置の内部の仕組みやろ過材の順番など調べていたら、いろいろわかってきました。

外部フィルターなら、値段も高くなく、メンテナンスも簡単そうなものは、下記のようなものがありました。






ポチッと買いそうなところまでいきましたが、9ℓの水槽で外部式フィルターまで必要か?とちょっと躊躇してまして・・・

次に、
外掛け式でも、ろ材をセット出来るヤツがあるんですね。



小型の外掛けだと、やはりろ材のスペースが無いみたいです。

あんまりデカイのをぶら下げるのもちょっと嫌だったので、なんとか今のAT-miniを改造します。

いかにして、ろ材を入れるかが、重要になってきます。


AT-mini改造方法


AT-miniのろ過能力アップの改造という事で、私がやった改造を紹介します。
下記の改造で、物理ろ過と生物ろ過が、かなりよくなったと思います。

1)仕切りをつける
2)ロカマットを入れる
3)ろ材を入れる
4)エアレーション機能追加

AT-miniのろ過槽は容量が小さい為、細工するにはあまりに狭すぎます。
考えた末、こうなりました。
と言うか、簡単に終わらせたかっただけです(^_^;)

では、順番に説明していきます。


1)仕切りをつける


ろ過槽内の水の流れを作るために、仕切りをつけました。
AT-mini改造-水の流れ

材料は、PET板厚0.5mmを使用しました。
プラ板をAT-miniのろ過槽に合うように調整しながらハサミで切っていきます。
AT-mini改造-仕切り板

プラ板が透明の為、見づらいですが、すいません・・・。

この部品をはめるとこんな感じになります。
AT-mini改造-仕切追加

一応、フィルターの目が詰まっても、水槽の方に水が戻れるように仕切りの高さは気にしています。

水流調整板もつけました。
AT-mini改造-水流調整板


2)ロカマットを入れる


近くのホームセンターにGEXのロカマットが安く売っていたので、コレにしました。

ロカマットを適当にハサミでカット。
ろ過槽にふんわり1/3くらい入れます。

AT-mini改造-ロカマット





3)ろ材を入れる


ろ材は、スドーの「金魚のろ過」100g 一袋を使用しました。

「金魚のろ過」の特徴は?
・リングろ材…バクテリア定着パワーで水質浄化
・福建麦飯石…ミネラルパワーで水質安定
・グリーンストーン…アルカリイオンパワーで酸性化予防
・100gで10〜15ℓまでが使用目安。

ろ過槽の下にはロカフィルターがすでに1/3ほど入っているので、ネットに入ったまんま、ドボンと入れました。
(入れる前には、一応濯ぎましたよ)

AT-mini改造-金魚のろ材

ろ材のセットは完了です。




4)エアレーション機能追加


最後にエアレーション機能追加ということで何をしたかというと、こんなんです。

AT-mini改造-エアレーション機能

ポンプの吐出口に穴を開け、細いエアーパイプを差し込むとエアーを一定の割合で吸い込んでくれます。

泡の写真がうまく撮れませんでしたがこんな感じです。
AT-mini改造-エアレーション流れ

ホースはコレ使ってます。


何の法則か名前は忘れましたが、そうなることは知っていたので、やってみました。

コレで、ろ過槽内にエアレーションが出来るのでバクテリア達が元気になるに違いない!
いい作戦だと思っていたのですが、デメリットもあります。

それは、エアーが弾ける音が常にするということです。

まあ、ホースの長さを出し入れすれば、エアーの供給量は調節できるので、エアーを切ることもできます。

今は、激しくない程度に、ポコ・・・ポコ・・・と出るように設定しています。
蓋つきのろ過槽内で空気の泡が割れてもシブキが周りに飛ばないのは、とても気に入ってます。


まとめ


AT-miniの私なりの改造法などを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ろ過槽のスペースが限定されているなりには、よく出来たかなと思っています。
これで、バクテリアが増えて生物ろ過機能がアップすれば、バッチリ狙い通りです。
果たしてどうなるか?期待しながら、様子を見ることとします。

外部ろ過より、水槽のサイズアップしたほうが安定するのでは?と突っ込まれそうですが・・・。

何かの参考になればと思います。

ではでは。


コメント

非公開コメント

やまねこ

どーも、やまねこです。
 
四日市・霞埠頭を中心に、
ルアー釣りを楽しんでいます。

キター!!(;`O´)o/ ̄ ̄~ >゚))))彡

最近は、お金の増やし方、メダカ飼育、家庭菜園、芝生育成などについて研究しています。


(=゚ω゚)b







にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 芝生・芝生管理へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。